noindexとは?|設定方法を初心者向けにかんたん解説

noindex設定トップ画像
kaoleft

・noindexってなに?
・どうやって設定するの?
・どんなページに設定するべき?

このページではこういった疑問にお答えします。

SEOを意識してサイトやブログを運営していると、必ず耳にするのがnoindexです。

どうやって使えば良いのか、SEOにどんな効果があるのか、あなたはきちんと理解できていますか?

 

この記事ではnoindexという言葉を始めて聞く初心者の方でも、自分で設定できるように解説していきます。

この記事の目的
・noindexの効果を理解する
・noindexの設定方法を身につける
・どんな場合に設定するのか理解する

 

SEOを意識してサイトを管理していくには、noindexの知識が必ず必要になります。

それでは、あなたがこの1ページを読むだけで使いこなすことができるように解説していきます。

 

1. noindexとは

noindexとは、Googleに「このページをインデックスしないで」と伝える合図のことです。

この合図を伝えるために使うhtmlコードを、noindexタグ(=メタタグ)と言います。

noindexのメタタグ
<meta name=”robots” content=”noindex”>

設定方法は後ほど解説します。

 

このメタタグを設定すると、そのページをGoogle検索結果から完全に削除することができます

あなたのサイトの別の記事や、外部からの被リンクがある場合でも、noindexを設定した記事は検索結果には表示されないようになります。

 

ただ、検索結果に表示されないだけで、記事そのものは存在し、Googleによるクロール(巡回)もあります。

一旦ここまでの内容をまとめるとこのようになります。

ページにnoindex設定をすると
・検索結果に表示されない
・ページはオンライン上に存在し続ける
・Googleクローラーの巡回はある

 

インデックスはしなくても、クロールはされるので、ページランク(そのページの評価)の受け渡しは発生します。

つまり、そのページに別ページのリンクがある場合、SEO評価は受け渡されるということです。

では、なぜわざわざnoindexをする必要があるのでしょうか?

 

 

2. noindexのSEO上の目的

「検索結果に表示されなくなる」と聞くと、一見ネガティブに聞こえがちです。

しかし、SEO対策においては、適切に使用することでプラスに働くことがあります。

 

例えば、内容は薄いけれど絶対に必要なページがあるとします。

このようなページは、Googleからの評価が低く、インデックスされるとサイト自体の評価も下げる可能性があります。

 

それでも、サイトからの削除はできない、といった場合にnoindexを使うことでGoogleからの評価を無いものにすることができます。

 

このように、質の低いページにnoindexを設定することで、質の高いページのみをGoogleに評価してもらい、サイト自体の評価アップにつなげることができます。

 

noindexを設定するべき具体的なケースに関しては、例と一緒に後ほど解説します。

 

 

3. noindexの設定方法

次に、設定方法に関して解説します。

noindexの設定は、htmlコードを使う方法と、プラグインを使う方法があります。

どちらも、初心者の方でもできる簡単な方法です。

 

・htmlコードを使って設定する方法

htmlコードを記述する場合、前述したこちらのメタタグを使用します。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

このタグを入れる場所は、noindexを設定したいページの<head>と</head>の間です。

noindexタグを入れる場所

 

このように、上記のタグをそのままコピペするだけで設定が完了します。

また、補足としてGoogle検索でのみ表示されないようにするには、Google専用のメタタグを使用します。

基本的にどの検索エンジンからも除外
<meta name=”robots” content=”noindex”>

Google検索でのみ除外
<meta name=”googlebot” content=”noindex”>

 

・プラグインを使って設定する方法

WordPressの場合、All in One SEO PackYoast SEOといった、SEO系のプラグインを入れていると簡単に設定できます。

All in One SEO Packの場合
投稿編集画面の下部に、このような設定欄があります。

ワードプレスnoindex設定画面

チェックを入れて公開するだけで、noindexの設定が完了します。

また、All in One SEO Packでは、一般設定の画面でこのように一括設定することもできます。

noindex一括設定画面ワードプレス

では、どのようなページに設定するとSEO効果が期待できるのか、例を挙げて解説していきます。

 

 

4. noindexを設定するページの例

不適切なページをindexしてしまうと、サイトの評価を下げかねませんので、ここでご紹介する例を参考にしてみてください。

 

・コンテンツの質が低いページ

コンテンツの質が低いページがあると、サイト全体の評価の足を引っ張ってしまいます。

リライトをする予定がない、その記事には必要な情報があるけれど削除することはできない、といった場合は、noindex設定をして、Googleからの低い評価を下げることができます。

質が低いページにnoindex

SEO対策で上位表示を目指すなら、記事を作成する段階で、質の高い記事を作成していく必要があります。

すでに一定量の記事がある場合は、質の低いものをnoindexすることで、サイト自体の評価があがり、他の記事のランクが上がるという例も確認されています。

 

・インデックス登録が不要なページ

そもそも、検索結果に表示されなくて良いページというのもあります。

例えば、サイトマップやカテゴリーページは、記事の一覧といった場合がほとんどです。

ユーザーが手を止めて読み込んでしまうような編集をしていない限り、検索結果に上位表示されることは難しいです。

 

また、仮に検索結果に引っかかり表示されたとしても、訪れたユーザーは記事の一覧から見たい記事を探す手間があります。

こういった、ユーザーの疑問にすぐに答えを提示できないページは、Googleからの評価を得ることはできません。

そのため、noindexの設定をしておくのが無難です。

 

また、自動で作られる*タグページや、404エラーページといった、自動で生成されるページも該当します。

*タグをクリックして表示される記事の一覧ページ

 

All in One SEO PackやYoast SEOでは、こうしたページに一括でnoindexを設定できます。

判断に迷ったときは、「果たしてそのページにユーザーが訪れて、求めている答えをすぐに提供できるか」といった基準を持っておくと、必要ではないページが見えてきます。

 

・特別な目的がある固定ページ

期間限定のランディングページのような固定ページや、メールアドレス等のリストを獲得するためのページがある場合も設定しておくべきです。

このような目的があるページの場合、SEOを意識したライティングではなく、「行動を起こさせるため」の文章になっているケースが多いため、Googleからの評価はそれほど期待できないからです。

  

 

5. nofollowとの違い

似たようなメタタグで、よく使用されるのがnofollowです。

ここで、混同しないように違いを押さえておきましょう。

nofollowの画像

nofollowは、ページやリンクに設定し、その先をGoogleにたどらせないように制御するものです。

対して、解説したようにnoindexは指定したページを検索結果から除外するための機能です。

noindexの画像

nofollowの設定方法や使い方はこちらの記事で解説しています。

nofollowリンクトップ画像

nofollowとは?|リンク設定と使い方をやさしく解説

2020-10-17

 

 

6. まとめ

noindexの使い方はご理解いただけたでしょうか?

「サイトの質を上げるために、あえて検索結果から外す」という、引き算によってプラスの効果を得るのがnoindexの有効的な使い方です。

あなたも、サイトを見直しながら作戦を立て、noindexを上手く活用しながらサイトの評価向上にトライしてみてください。

 

canonical URLトップ画像

canonical URL の設定|初めて設定する人のための解説

2020-10-13
SEOキーワードトップ画像

SEOキーワードの入れ方|キーワードを入れるのはこの7か所!コツも解説

2020-10-01

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です